部活にいるうざい後輩の特徴と対処法を4つ挙げてみた

はじめに:うざい後輩に対して

 

バレーボールをしている上で後輩と関わることは必須になってきます。

なぜなら、部活に所属すると勝手に毎年後輩が入ってくるからです。

そんな時に毎年思っていたのは後輩がうざいということです。

その中でひときわ輝いてウザい後輩が必ず毎年います。

今回はこの後輩のうざい後輩の特徴を紹介していきたいと思います。

特に自分の後輩にはうざい奴が多く
言動や行動に対して何度ぶん殴ってやろうか、いい加減にしろよという後輩が多かったので今回はそんな後輩について記事にしていこうと思います。

 

基本的に仕事をしない

 

うざい、ムカつく後輩の多くが基本的に仕事をしません。
1年で入ってきた人の仕事は基本的には先輩がくる前にネットをを張っておくことです。

その単純な作業をまずしない後輩が毎年必ず1人はいます。

ちなみに、その時なにをしているかというとストレッチをしています。
時には寝ている時もあります。

控えめに言ってクソです。

point

準備をしない後輩は必ずいます。

その後輩には間違えてポールをぶつけましょう。

先輩にタメ口

 

基本的には先輩だろうが関係なくうざい後輩はタメ口です。

うざい後輩はなぜうざいかというと調子に乗っているからです。

調子に乗っている後輩は基本的にタメ口です。

そしてピンポイントにうざいことを言ってきます。

「〇〇先輩ってスパイクの時もっとこうした方がいいと思いますよ?」
とか言ってきます。

そろそろ俺の手が滑りすぎて、君の顔とボールを間違えてしまうよ?

とか思ったことあります。

point

調子に乗っているうざい後輩には鉄拳制裁が一番ですが、そんなことをしたら問題になります。

なのでわかりやすく、調子に乗ったらぶっ殺すよという恐怖政治が必要な場合もあります。

 

超絶生意気

 

基本的にうざい後輩は超絶に生意気です。

先輩のことを先輩と思わないやつです。

先輩ってことを感じさせないトークを披露してきます。

「〇〇しっかりしなさい!!」

とか言ってくることがあります。
呼び捨てとかは日常茶飯事です。

呼び捨てされた時の感覚として、このクソガキと思うことがありますがこれは正常な反応です。

自分を嫌いにならないでください。

point

うざい後輩は超絶に生意気です。

しかし、イライラしないでください。

後日採取した髪の毛をオカルト研究会に渡し、藁人形を製作してもらいましょう。

やたらとうるさい

 

調子に乗っている後輩は基本的にやたらとうるさいです。

口数がかなり多く、こいつウルセェなって思うことが多々あります。

そんな後輩には、毎日シューズの中にゴキブリを入れてやりたいほどムカつきます。

しかし、落ち着いてください。

こいつは勝手に嫌われていくタイプです。

ゴキブリを見るような目でガン無視をキメこめばおのずと相手も分かってきます。

反省するまではガン無視を続けましょう。

point

うるさい後輩を黙れせるには、やはり巨大な恐怖を植え付けるのが一番でしょう。

しかも二度とこちらに歯向かえないほどの恐怖を植え付ける必要があります。

そんな時はこちらを怒らせると、どんなことになるかということをわからせましょう。

安心してください。

あなたがやらなくてもいずれ社会に属する上で、どこかでその後輩は痛い目を見るでしょう。

それが明日なのか、それとも数年後かの違いしかありません。

あなたが手を下さなくても、必ず誰かが手を下します。

だから早く気づける方がいいでしょう?

【バレーボールシューズのおすすめ人気集】選び方からバレー部が徹底解説!!

2018.03.10

終わりに:うざい後輩に対してこの記事をみて

 

どの学校にも部活をやっていると毎年うざい後輩はやってきます。

今回はそんなうざい後輩の特徴と対処の仕方を紹介しました。

もし後輩がうざくてたまらない場合はこの記事を読んでみてください。

 

この記事がうざい後輩をもつ人に届けば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)