ウォーキングダイエットの効果やメリットは!?時間と根性がある人にはおススメ!

 

 

「手軽」に「安く」始めるならウォーキングダイエットがおすすめ

 

暖かくなる季節に向けて、体をシェイプアップしたい・体質改善して健康になりたいと計画しているあなた。

 

これらを手軽に、安く達成するためにおすすめするのが、歩くだけでできるウォーキングダイエットです。

 

今回の記事ではそんな手軽にできるウォーキングダイエットのメリットとデメリット、ウォーキングダイエットの正しい知識をお伝えしたいと思います。

 

ウォーキングダイエットの効果は?メリットとデメリットをご紹介

 

まずはウォーキングダイエットの効果やメリットについてご紹介します。

 

ウォーキングダイエットは特に特別な用具や施設を必要とせず手軽ではあります。

 

ただ、手軽で安価ゆえにデメリットも存在しますのでこれから行おうと考えている人は確認してみてくださいね。

 

ウォーキングダイエットはどんな人におすすめ?

 

冒頭にも説明しましたが、ウォーキングダイエットはとにかく手軽で安く始められますし、体への負担も大きくありませんので運動不足の方やトレーニング初心者にはおすすめのダイエット方法といえるでしょう。

 

また一日の中でトレーニングに割ける時間がしっかりと取れる、1週間の中で多くの日をトレーニングに割けるという方には向いていると思います。

 

ウォーキングダイエットのメリット

 

それではウォーキングダイエットのメリットについて説明していきます。主なメリットは以下の5点となります。

 

①手軽に安く

 

ウォーキングダイエットは特別な場所・スキルを必要としないので手軽に楽しむことが出来ます。

 

やり方も基本的な部分は重要ですが、無理をせずに無理のない方法で行うことが出来ますので比較的継続がしやすいダイエット方法にもなっているのも魅力ですよね。

 

手軽さを最初のメリットとしてご紹介しましたが、特別な場所やスキルを必要としないダイエットのため、当然安くつくこともメリットの一つです。

 

夜間の視認性が高いお気に入りのウェアを着て早速ウォーキングに出かけましょう。

歩行距離などもスマートフォンのアプリなどで管理できますので活用したいところですね。

1点だけ、靴にはある程度お金をかけた方がよいでしょう。

 

ウォーキング専用シューズを買うことで普通の靴と違った快適さを感じることが出来ますよ。

 

②安全にできる

 

ウォーキングと並んで有酸素運動でおすすめなのがランニングですが、ランニングの場合着地の衝撃や体への負担が高い運動で普段運動不足の方には敷居の高いトレーニングになります。

 

ウォーキングは比較的体への負担が低いため手軽に取り組むことが出来ます。

 

③痩せる

長時間の低負荷の運動はダイエットに効果的な有酸素運動です。

 

長時間、高頻度ということがポイントになりますので、一定の頻度をしっかりと継続することが出来ていれば(もちろん生活習慣も)結果は出るはずです。

 

④その他の健康維持にも

 

今回の趣旨とは外れますがウォーキングは痩せる以外にもさまざまなメリットがあることが証明されています。

 

姿勢改善や肩こり・腰痛予防など、身体的なメリットはもちろん、有酸素運動を行うことで脳内物質の分泌が活発になり、うつ病などメンタル面へのメリットがあることも注目されています。

 

ウォーキングダイエットのデメリット

 

メリットずくしのウォーキングダイエットも条件によってはデメリットがあります。

特に下記の点には注意しましょう。

 

1.時間が必要

 

ウォーキングダイエット最大のデメリットといえるのがこの「時間が必要」という点です。基本的には20分以上の有酸素運動が有効とされていますので、少なくとも1日30~60分程度ウォーキングに充てる時間を確保したいところです。

 

また運動頻度も週3回以上が推奨されていますのでまずはその時間を確保することが出来るのが最大のポイントになります。

 

仕事場から帰って自宅に帰ってからも忙しくしているタイプの方にはこのような点で向いていないダイエット法かもしれませんね。

 

また、他のトレーニング同様継続が重要ですから、初めはあまりスケジュールに詰め込みすぎずに無理のないペースから始めていくことをおすすめします。

 

2.速効性は高くない

 

気になるウォーキングダイエットの効果を時間できる期間ですが、実際に体重などに影響が出てくる期間は3か月程度と少し長めの期間で見積もった方がモチベーションを維持することが出来るためおすすめです。

 

ただこのあたりも適度な筋トレを組み込むことや食事量を再度見直す(決して急激な食事制限はしないでください!)ことにより期間は多少変わってきますのでウォーキングの継続になれてきたら他の要素も入れてみましょう。

 

いずれにせよ、ウォーキングで消費できるカロリーは他のトレーニングよりも低いということは理解して継続していかなければなりませんね。

 

3.特に夜は注意が必要

 

日中は忙しい方も多いと思いますので主に活動時間は朝か夜になるかと思います。どちらにせよ、準備体操はしっかりと行い筋肉を温めましょう。

 

特に夜ウォーキングする方は安全性に注意しましょう。

夜間は車両から歩行車を視認しにくく交通事故などの危険性が高まります。

 

蛍光素材や反射材が一部に使えわれているようなウェアを選ぶことで視認性は高まりますのでトレーニンググッズ選びにはこのあたりにも注目して購入することをおすすめします。

 

いずれのデメリットも条件さえ合えば特に気にならないものが多いですが、最も大きいのが時間の確保の部分ですね。ご自身の生活リズムと照らし合わせてみて現状で本当にウォーキングダイエットが最も合った選択なのかをもう一度判断してみてくださいね。

 

ウォーキングダイエットのやり方は?

 

それではウォーキングダイエットの方法について簡単に説明していきます。

 

尚、細かい方法論や時間帯には諸説あり、歩き方なども細かく分類されていますが、ここでは初心者がまず意識すべき基本的な点を抜粋して紹介していきますね。

 

・基本的には歩くだけ

 

そう、基本的には「歩くだけ!」です。

ただし、せっかく「ダイエットしよう!」と取り組んでいる運動ですから伏し目がちで猫背で足を引きずりながら歩くような良くない姿勢での歩行は避けましょう。

一般的に正しい歩行とは以下のような条件がそろっていることを言いますので意識していきましょう。

 

①少し肘を曲げた状態で腕を大きく振って歩く

②背筋はまっすぐ、視線は遠くを見ることを意識する

③無理のないペース。少し早歩きぐらいを意識する。

④踵から地面につき、蹴りだしは親指を意識して大きな歩幅で。

⑤「歩くこと」を意識しましょう

 

・日々のウォーキングにも意識を持ちましょう

 

ウォーキングダイエットは文字通り「歩く」ダイエットです。

 

歩く機会は何もトレーニングの時間帯だけではありません。働いている方であれば毎日の通勤時間やオフィス内の移動、昼休憩など多岐にわたります。

 

スマートフォンなどの歩数計を使い一日にどれくらい歩いてみるのかを確認してみましょう。普段の歩き方を変えるだけでもながらトレーニングになりますし、歩き方が上記のようなきれいなものになっていけば、周りの人からの印象も変わるかもしれませんよ。

 

結果的にはウォーキングダイエットの効率ってどうなの?

 

いかがだったでしょうか?

 

このようにウォーキングダイエットは時間があり継続できる方にとっては気軽に取り組むことが出来る最高のトレーニングといえますね。

 

ただしウォーキングダイエットは「短期間で効率よく、確実に痩せたい!」と考えている人にはやや向いていないかもしれません。

 

取り組みやすいダイエット法とはいえ消費カロリーが低いウォーキングは少なくとも3か月以上取り組んでから効果を感じだすものですので継続していくには強い意志が必要になります。

 

「忙しくて時間がない」「これまで何度もダイエットで挫折した経験がある」に当てはまる人は思い切ってお金を出してパーソナルジムに通うなど確実に一定の期間で結果の出るトレーニングを行ってみることをおすすめします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)