【バレーボール】セッター必見!!3つの観点から見る究極のトス回しのコツ!

はじめに:どこにあげるか

セッターならトス回しを考えるのは常識だと思います。
しかし、セッターは難しいポジションです。

それは試合が終わるまで、正解がわからないからです。
試合に勝った、試合に負けたはセッターのトス回しに直結してきます。

もし、試合に負けたらセッターは、自分のせいで負けたと思うでしょう。
しかし、試合に勝っても自分のおかげで勝ったとは、実感しにくいポジションでもあります。

だからセッターというポジションは、その性質上とても難しいポジションとなっているのです。

今回は相手のブロックを考えながら、また相手ブロッカーの心理も考えながら、トスをどこにあげていけばいいのかを考えていきましょう。

ブロックシステムを見る

セッターというのは正解というのがないポジションです。
トップレベルになればなるほど、相手ブロッカーを外すのは難しくなります。

しかも、相手ブロッカーを振るのも、レベルが上がれば難しくなっていきます。

その場合、相手のブロックシステムを考えてトスを上げるのも手です。

例えば相手のブロックがスプレッド(3箇所に分散して配置されるブロックシステム)で飛んでくる場合、サイドに早いトスを上げるのがベストです。

センターブロックが、付いてこれなければ1枚か1,5枚になるのでスパイカー有利になります。

相手がバンチリード(真ん中に集まってトスを見てから判断して飛ぶブロックシステム)で飛んできた場合は、様々な場所にトスをあげます。

具体的には最初にクイックを使い、センターが機能し始めたら、サイドにトスを振りはじめます。

そして相手のセンターが忘れた頃に、またクイックを使うと相手のセンターを、混乱させることができ、効果的です。

このように基本的には、相手のブロックを考えてトスを振っていくと効果的なトス回しができます。

最後に勝つトス回しをする

セッターは試合で最後に勝てるように、逆算してトスを回していかなければなりません。
セッターの心情として、ブロックされたくないと考えている人は多いと思います。

それはブロックされることで、トスの選択肢が後手に回ってしまうからです。

例えば、クイックをシャットされた直後に、クイックを使うセッターは少ないでしょう。

相手ブロッカーはこう考えます。
さっきシャットしたから次は違うところに来るな。と

一方セッターは、さっきシャットされたから使いにくいな。もし、使ってまたブロックされたら嫌だな。と考えます。

そうするとあとは、クイック以外の選択肢に絞ってあるので、トスを見てから判断して飛ぶことができます。

ブロッカーにとってはとても楽な状況です。
逆にセッターにとってはとても苦しい状況です。

しかし、逆の手もあります。

ブロックされてもいいから、相手の意識にトス回しを刷り込む方法です。

例えば、試合の序盤にクイックを使いまくります。
そうすると、

相手のブロッカーは、こいつめっちゃクイック使ってくんなって思います。

そう思わせておいて、試合中盤にはクイックの本数を減らしていきます。

そうすると試合終盤の大事な時にもしかしたらクイックが来るかもと思わせることができます。

そうやって試合の最後まで、相手ブロッカーを迷わせておくというのが、セッターの仕事です。

 

終わりに:試合をコントロールする

試合の状況をみてどうやってトスを回していくかを決めるのはセッターです。

だから、一番試合をコントロールできるのもセッターです。

自分の判断が試合の勝敗に直結してしまうからこそ、試合を最後まで見通す力が必要なのです。

相手がどういったブロックシステムなのか、どういった攻撃に弱いのかをその瞬間、瞬間で判断していけると、バレーボールがもっと楽しくなります。

これを読んだ人がトス回しの参考にしてくれれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)