なんか最近調子が悪い、、それってスランプかも?スランプを脱する方法

はじめに:スランプって

なんかプレーが調子が悪い、、。
そんなことはありませんか?

何をやっても上手くいかないし、得意だったプレーにもキレがない。

そんな時に早く脱したいなと思ってますよね?

そんな時にどんなことをしたら早く脱することができるかを紹介していきたいと思います。

ミスっても大丈夫だと思う

スランプは基本的に、気持ち的な問題です。

その気持ちはこうです。

ミスったらやばい

あぁミスった

次はミスらない

またミスった

もう一回ミスっちゃうかも

またミスった

こういう心理になっていませんか?
そういう心理になっているときは何回やっても上手くいきません。

スランプとは自分ができないと思っているからなるのです。

ミスをしてはいけない、ミスをしてはいけないという心理では、ミスをしてします確率が高まってしまいます。

ミスをしてはいけないという心理はミスを引き起こします。

人間は何かをしてはいけないという心理に狩られるとミスをしてしまいます。

例えば、「ピンクゴリラ」を想像しないでください。

と言ったら想像してしまいますよね?
それと同じで、ミスをしてはいけないと思うと、ミスをしたときのことが自分の中にイメージされてしまいます。

だからミスをしても大丈夫だと思うことが重要なのです。

自分が活躍しているとこををイメージする

スポーツする時にイメージトレーニングという言葉がありますよね?

イメージトレーニングというのは、ミスを恐れないという気持ちを作ることです。

例えば、自分が試合で活躍するイメージを、想像します。

そうすると、プレーは

ミスった

次は決まる

決まった

やっぱり決まった

次も決まる

決まった

 

とういう心理になります。

だから、こういったイメージを持つことが重要です。

決まらなかったときこそ、次自分が決めている姿を想像することが大切です。

 

思考を変える

今まで生きてきて簡単にイメージを変えろというのは難しいかもしれません。

しかし、考え方を変えてみるだけなら、意外と簡単にできるかもしれません。

例えば、サーブをミスしてはいけないと思っているなら、サーブをどこに打とう。

とイメージするのです。

サーブをどこに打とうとイメージすることでサーブをミスするかもしれないというイメージを上書きすることができます。

そしてそれを狙ってミスをしても

狙ってミスをしたんだからしょうがないと思うことです。

サーブをどこに打とう?

あそこを狙おう

ミスった

狙ってミスった

じゃあしょうがない

こういう思考にすればいいのです。

自分は狙ってサーブを打ったが、難しい攻めたサーブを打ったからミスをしてしまった。

ならしょうがないことじゃないか。

と思うのです。

終わりに:気にしすぎない

スランプのほとんどが、自分でミスを恐れてしまい、意識をしすぎて、なってしまいます。

だから一番重要なことは気にしすぎないということです。

そのためには思考を、ミスしないから、ミスをしてもしょうがないに変えることが重要です。

誰もが一度は通る道だと思いますが、自分のミスのイメージが自分の中に残っているからなってしまいます。

自分がそのプレーができるのだったら、自分を信じてできるんだと自分で思ってください。

毎日の練習の中には自分がいいイメージで活躍することを、イメージする時間も必要かもしれません。

そしていいイメージをすることで、自分のプレーはさらに良くなっていきます。

そうやって自分の中でどんどんいいイメージを作り、自分のプレーが試合で通用するということを感じていってください。

そうやっていいサイクルを作っていけばきっと練習も楽しいし、試合では活躍してやろうと思います。

この記事がスランプで悩んでいる人の参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)