ライトに置くのはスーパーエースかオールマイティなプレイヤーか!?

はじめに:どっちがいいか

最近では全日本で(特に男子)スーパーエースを置くのは当たり前の風潮になっています。
女子でさえも最近では長岡などをスーパーエースに起用する場合があります。

しかし、僕は疑問に思っています。

もしかしたら、スーパーエースを使わないで、オールマイティーなプレイヤーを置いたほうが強いんじゃないか?

その経緯は色々あります。
これからそういったことを考えていきましょう。

レフトがもっと決まりやすくなるんじゃない?

 


例えば、男子でいえば、柳田、石川レフトでスーパーエースに清水とかを入れているわけです。
その場合、清水がサーブカットをしないので、サーブカットは柳田、石川、リベロとなります。

こうなると、レフト2枚がずっとサーブカットする形になります。

柳田か石川のどちらかが、サーブカットを崩されなければいいのですが、最近では石川が狙われることが多く、調子が最高に達する試合は少ないと感じます。

そこでこういう形にするのはどうかと思いました。

ライトにサーブカットできる人を入れて、前衛レフトを前に上げます。

そうすると前のレフトは、サーブカットをしなくてよくなります。

前衛のとき、レフトがサーブカットを免除されることにより、打つことだけに集中できます。

そしてライトプレイヤーとリベロがカットできることにより、相手にとってサーブターゲットが半分しかサーブカットに参加しない状況を作り出すことができます。

そうすることで両レフトのストレスが減り、結果的に両レフトの決定率が上がるのではないかと思いました。

女子の場合

女子の場合は僕は個人的な意見ですが、オールマイティープレイヤーを入れたほうがいいと思っています。

それは女子の場合、日本的なバレーが海外に通用するからです。

竹下がセッターの時の全日本は本当に日本的なバレーと言えるでしょう。

ライトに山口を起用していた時がありました。
もともと山口選手はセンターでしたが、その器用さでカットも行うライトになっていました。

眞鍋監督は器用な選手を起用することが多い印象です。

竹下みたいなセッターがいれば、山口みたいな選手がいきてきます。

だからあれは竹下ありきの山口だったと思います。

そういった周りの環境を考えると、今の段階では山口みたいな選手を入れるよりも単純な決定力のあるプレイヤーを入れるのがいいのかもしれません。

周りの状況から考える

正直、柳田、石川2人ともにサーブカットを常時させて置くのは個人的には反対です。

だから半分で済むように、ライトにサーブカットできる人をいれたらいいんじゃないか?
と思っています。

石川、柳田のスパイク力は乗った時はかなりのものです。
ストレスを減らしてあげることで調子を崩すリスクを減らして、決定力を高められるのでは?
という考え方です。

女子の方は、竹下みたいなものすごく上手いセッターがいたら山口みたいなライトプレイヤーの存在は光ります。

しかし、普通のセッターではあのクセのある選手は活かしきれません。

そういった総合的な判断から、ポジションを考えていかなければなりません。

終わりに:色んな考え方

ライトに置くプレイヤーを決定するのは、その時その時の周りのプレイヤーたちから最善の選択をしなければなりません。

こういった考え方は自分個人的な意見です。

眞鍋監督の時と中田監督の考え方は全く違います。

この問題は正解がないから難しい問題です。

しかし、そういったことを考えていくことでバレーに対する考え方は深まっていきます。

こういったことを考えていくと、試合中にも色々な考え方ができるようになります。

だんだんこの監督はこういった選手を集めているからこういう考えなんだ。
こういうバレーをしているからこういう監督だろうっていうのがわかってきます。

色々考えていると結構楽しかったりもします。

この記事がバレーのことを考えている人に届けばいいと嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)