10分でバレーが上手くなる!!試合に勝つ為のサーブのコツを3つの視点から解説してみた

はじめに:サーブの狙いの意義

サーブをただ強く打つだけになっている人がいませんか?
もちろん強いサーブ、いいサーブを打つのは試合ではとても大事なことです。

しかし、試合中いいサーブを打とうとすればするほど、付きまとうのがサーブをミスしてしまうというリスクです。

もし、自分たちのチームが負けているのであれば、サーブをミスした時点で点差がついてしまうことになります。

ここでは試合の状況に応じて、リスクを減らしつつ相手に攻めにくくするようサーブを狙うように考えていきましょう。

【バレーボールシューズのおすすめ人気集】選び方からバレー部が徹底解説!!

2018.03.10

サーブを狙うポイント

サーブを狙うポイントは様々ですが基本的に迷ったら相手のライト側を狙います。
相手のセッターが少しでも上げづらい状況を作ります。相手のセッターは後ろからくるボールを上げることになるので少しストレスを与えることになります。

リスクは低めですが相手にかかるストレスも低めです。

人と人の間を狙うことで、相手に迷いが生まれて取るのをミスしてしまうことがあります。
そしてより早いボールを、そこに入れることで相手は判断の時間を削ることができます。
もちろん判断の時間が短いほど相手はミスする可能性が高まります。

相手を動かすことで、相手をミスさせる可能性を上げることが出来ます。
動く距離が長ければ、それだけサーブを取る難易度は高まるので、ミスをする確率は高まります。

例えば相手のレフト側の選手の前にサーブを打ち、相手をネット側まで動かします。
そうすると相手のレフト側の選手は、スパイクを打つのにまた助走を取りに下がる必要があります。
その場合十分に助走が取れないことがあり、相手の攻撃を間接的に妨害することが出来ます。

【スポーツタオルおすすめ人気集】ナイキ、アディダス、数あるタオルから17枚を紹介!!

2018.03.13

サーブを打つ時のテクニック

例えばここにサーブを打ちたいとします。
そしたらやりがちなのが、最初に打つところを見てから打つということです。

サーブを打つ人って、結構どこを狙うかを自然に見ちゃってます。
だから僕は相手の目線を見て、サーブを打つところをある程度予測しています。

だからそれを逆手に取りましょう。
あえて別の方向を向いてじっと見つめましょう。

ここで大切なのは、相手がきちんと気づくまで見ることです。
ちらって見るだけで気づいてくれなければ意味がありません。

ある程度見つめて、相手がこちらのことを視認するまで見たほうがいいです。
そしたらサーブを、本来狙っているところに打ちます。

1回目のサーブは、見た方向と一緒の方向に打って、2回目のサーブはこの方法を使うとさらに引っかかりやすくなるのでおすすめです。
それに2回目のサーブは試合中盤〜終盤にかけてなので、勝負所で相手を崩すことができる確率が高まります。

【バレー】練習着はどんなものがいい?バレーボールウェアでおすすめは?

2018.04.11

サーブ&ブロックの考え方

試合に勝つことが最終的な目的になるので、サーブ権を持っている状態で得点することが必要になってきます。
そうした場合、ブロックとの連携も鍵になってきます。
サーブ&ブロックってやつですね。

サーブで崩し、ブロックの選択肢を絞らせて、ブロックしやすい状況に持っていくことが重要になります。

僕がサーブ&ブロックをするなら、図のような場所にサーブを打ちます。

この状況だと、前衛にいるのはセッターとセンターなので、後衛の選手が前衛まで上がってきてサーブカットをすることになります。
この状況だとセッターの真後ろからボールが来て、センターを視界に入れずらい為センターもあげにくく、レフトに上げる可能性が非常に高くなります。

また人が密集している為、誰が取るかの連携もしずらくなります。
そういった状況を作りだせれば、ブロックも迷わず飛べるようになります。

そして、いいブロックをスパイカーの前に配置することが出来て、結果的にフロアディフェンスもしやすくなります。

強豪校にいた僕が見たリアルな部活の体験を話したいと思う。

2018.04.14

終わりに:全体で考える

試合全体で、最終的に勝つことを意識して考えていくことが大切です。
その為には、全体のどういった意識で試合を運んでいくのかを考えることが大切です。

選手一人一人がその意識をもち、考えているチームがとても強いです。

このような考え方が、出来ていない人が意外ととても多いです。

状況に応じて判断する力を身に付けることで、もっともっとバレーボールが楽しくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)