【バレー】サーブカットはなぜ難しいの?コツを紹介!克服する為の練習法から徹底解説!!

はじめに:スパイクレシーブとサーブカット

自分はサーブカットが苦手です。
通常のスパイクレシーブは非常に得意なのですが、サーブカットはとても苦手です。

僕の他にも、スパイクレシーブは得意でも、サーブカットが苦手な人は多いんじゃないでしょうか?

僕の周りにも結構そういった人はいます。

でもそれは、当たり前です。
なぜなら、スパイクレシーブとサーブカットは全く別のものだからです。

スパイクレシーブとサーブカットは、一見似ているようですが、全く違う技術が必要とされます。

では、サーブカットにはどんなことが重要であるかを、考えていきたいと思います。

サーブカットで重要なこと

サーブカットで必要な能力は、なんだと思いますか?
サーブカットするときは、ボールの落下点を読む力が重要になってきます。

それは試合中で、一番長い距離を空中で移動するボールだからです。

バレーボールの中で、サーブが一番長い距離、空中で移動します。
しかも、その軌道は変化したり、一度上方向に打たれるので、落下地点が読みずらいのです。

スパイクと違い、軌道が直線じゃないため落下点が読みにくいです。

だからこそ、落下地点を読む能力が重要なのです。

落下地点を読む能力

しかし、落下地点を読む能力をどうやって鍛えればいいかわからないと思います。
落下地点を読むのには、とにかく数をこなしていく他ないです。

落下地点を読む能力を鍛えるのにいい方法があります。
バケツを持ってそのバケツに入れるようにサーブカットをする方法です。

バケツを持った状態でサーブを打ってもらい、その場所に自分が動き合わせていきます。

このとき気をつけるのが、サーブを受ける際に肘を曲げないでバケツの中に入れることです。

サーブカットはボールに合わせて自分が動くことが重要です。
それは、サーブが自分に来る直前に曲がることがあるからです。

直前に、曲がって来ると正面に入っていないと、自分も直前に動くことになります。

そうすると、サーブカットの成功率が格段に下がってしまいます。

だから早く落下点に入って、待っていることがサーブカットを成功させる一番いい方法です。

サーブカットは2歩以内

サーブカットは通常3枚で取ります。
選手、それぞれの守備範囲がグレーの範囲だとします。

そうすると

コートの幅は9mなので、3人で守ると1人あたりの守備範囲は大体3mです。
これに手の長さを加えると、大体2歩で3mをカバーできます。

だからサーブカットは2歩以内の自分のところに来たボールを拾えばいいのです。
そう考えると意外と簡単にサーブカットできそうですよね?

この範囲をサーブカットする人同士が共有していれば、サーブカットでお見合いすることも少なくなります。

2歩以内と決めていることで、守備範囲が明確になります。

サーブカットを失敗する原因の1つが守備範囲外のボールを取りに行ってミス
または、守備範囲が明確になっていないからミスしてしまうことが多いです。

だから守備範囲を明確にすることはとても重要です。

終わりに:サーブカットで重要なこと

サーブカットで重要なことは、落下地点を読む能力をつけること
そして、守備範囲を明確にすることです。

落下地点を読むにはただひたすら反復練習することが最短の近道です。
サーブカットは練習した分だけ精度が上がります。

昔木村沙織もサーブカットが苦手な時期がありました。
しかし、サーブカット強化をし、その後はものすごく上手くなっていました。

そして守備範囲を明確にすることが重要です。
試合中ここは誰のボールとあらかじめ決めていることで、判断を早くすることができるからです。

この記事を読んで、サーブカットが苦手な人が、練習するときに参考にしていただけたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)