上手くできない、、基礎から学ぶバレーボール!!レシーブのコツを紹介!

はじめに:レシーブの基礎

基礎的なことって聞きにくいですよね?

今更、、、とか思われるし、監督にそんなことを聞いたら
まだそんなことわかんないのかって言われそうだし、、、。

ですがバレーにおいて基本が一番重要です。

自分も最初は、基礎的なことを延々とやらされてつまんないなーって思う毎日でした。
しかし、そのつまらない毎日のおかげで、今では自分はレシーブがめっちゃ上手くなりました!
(自分でいうのか、、)

最初はつまらないと思いますが、その積み重ねが楽しくなる瞬間があります。

それは、いつかずっと後かもしれませんが、基礎をやらなければ一生バレーが楽しくなることはありません。

基本がしっかりしているほど、いろんなことが柔軟にできる選手になります。

基本ができていれば、バレーボールはすごい楽しくなります。

今回はバレーボールにおける基本、レシーブの知識を紹介していければと思います。

 

手のどこに当てるか

レシーブするときに重要なのが、腕のどこに当てるかということです。

レシーブは基本的に図のような腕の先の方に当てるのがいいです。

その理由は、手がくっついている場所の方が、ボールがコントロールしやすいからです。

もっと上の方に当てた方がいいという指導者もいますが、
ボールとの接地面が大きいほど、ボールがコントロールしやすくなります。

だから、ボールを当てる場所は接地面の大きい、両手のくっついているところになります。

練習方法

具体的にレシーブの練習方法は超地味です。

図のような感じで、構えたときにボールを1人に押さえてもらいます。

そしたらそのままの体勢で歩くだけです。

これをコートの端から端まで行い、押さえる側を交代していきます。

このとき気をつけることは、腰の高さを変えないでこれを行うということです。

このように腰の位置が変わってしまわないように気をつけてください。

腰の高さが一定になるように気をつけてください。
腰の高さが変わってしまうと、試合で上手くレシーブできないことがあります。

これは基本的にレシーブの型を作る作業です。

正しい型を身に付けることで爆発的に上達するときがきます。

逆に基本ができていないと、ポテンシャルが高くても成長しない選手はたくさんいます。

地獄のような練習

先ほど紹介した練習ですが、僕は中学生の頃一日練習の時に、この練習だけだった時がありました。

この練習は地味な上に体勢をキープするため筋力を使います。

これを一日練習のフルタイムを使ってこれをすると、練習がつまらない上に泣きたい気持ちになります。

ですがくじけないでください。

これがあなたの基礎を作り、今後バレーボールをする上で、必要な土台になっていきます。

基本ができているほど、いろんなことができるようになります。

だからこそ、この練習が必要なのです。

終わりに:基礎の大切さ

基礎の練習は基本的に大変です。

地味だし、辛いし、面白くありません。

ですが、トップの選手ほどこの基礎こそが重要だと思っています。

特にレシーブは、一本目なので試合を作る上で重要な要素です。

しかもレシーブがいいと、どのポジションでも出れる可能性があります。

逆にレシーブが悪いと、使ってもらえない可能性が高くなります。

レシーブミスが1点になってしまうため、いるだけで相手に得点を与えてしまう可能性があるからです。
それを上回る得点力がないと使ってもらえません。

だからレシーブが上手くなることは、試合に出ることの1番の近道であります。

レシーブは最初に基礎をやらないとそのあと誰も教えてくれません。
試合に出たいならまずはレシーブを習得するのです。

この記事がバレーボールを始めた人、レシーブが苦手な人に役だってくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)