これを見たら絶対に上手くなる!!レシーブ上達のための3つのコツ【バレーボール】

はじめに

レシーブをする際にどんなことを考えていますか?
また練習させる際には、どんなことを考えさせるように練習させていますか?
自分は身長の小さい選手だったということもあり、レシーブはかなり練習しました。

最初はずーっとレシーブの型を作らされたのですが、それが今となってはとても重要なことだったと思います。

当時、型を作る練習をさせられた僕は、マジつまんないなって思ってました。
しかし高校生になった時、客観的に見て他の人よりもレシーブはかなり上手い方でした。
それは、根底にあった基礎があったからだと感じています。

そして基礎がしっかりしているからこそ、楽しくバレーで遊ぶことができるのです。

【バレーボールシューズのおすすめ人気集】選び方からバレー部が徹底解説!!

2018.03.10

【スポーツタオルおすすめ人気集】ナイキ、アディダス、数あるタオルから17枚を紹介!!

2018.03.13

試合でのレシーブを考える

まず、相手がレフトから打ってくるのを想定してみましょう。
自分の位置はレシーバーと書いてある位置です。
この場合、どういったボールがくる可能性があるのでしょうか?

まず、一番可能性が高いのがブロッカーの横を抜けてくるスパイクです。
この場合、強打のスパイクが来ることを想定してください。
この位置が相手のスパイカーが1番スパイクを打ちやすい場所になります。
ブロッカーがいないコースで、1番距離の長いコースだからです。
だから、ここのレシーバーは基本的にはリベロを置くチームがほとんどです。

ここで間違ってしまいがちなのですが、この強打を上げようとしていることは間違いです。
本来人間の対応できるスピードじゃないボールを、上げようとすることは論理的に波状しています。
もし、正面に打って来たらラッキーくらいに思っておけばいいのです。

では、どんなボールが来るのを狙えばいいのでしょうか?

それはこの辺に落ちるボールです。要するにフェイントです。
相手はフェイントしたボールを取られると、焦ります。なぜなら逃げられないからです。

相手がフェイントする状況は相手が打てないと判断した状況でもあります。
そういったボールを拾われると次第に、やばいフェイントが決まらない。
じゃあ打つしかないなっていう思考になります。

そうなって無理矢理に打ってミスったら、チャンスだと思ってください。
思いっきり喜んで相手のエースを潰してやりましょう。

更にブロックできたら超ラッキーです。
もっと喜んでやりましょう。

センターレシーブの場合

自分がセンターレシーブにいる場合には、どんなボールを狙ったらいいのでしょうか?
ブロックにスパイクコースは塞がれていると仮定すると、さっき説明したように前のフェイントボールはレフトレシーブの人がとってくれます。

そうなると、ブロックに塞がれてるしどこをとったらいいんだ?ってなりますよね?


答えはワンタッチボールです。
ここでは超いい感じにワンタッチしてくれていますが、コートから出ていってしまうワンタッチボールがほとんどです。

ブロックが完全に2枚ついているなら、コートの外に出てしまってワンタッチボールだけを狙うのも作戦としてありです。

上から打たれるボールに関しては、上から打ってきているのでもう相手がすごいって思って諦めましょう。
どうせ拾えません。

ワンタッチボールを拾っていると、相手は決まるはずのボールが決まらなくなり、調子が自然に崩れることがあります。
ずっと拾い続けて相手のエースを潰しましょう。

スポーツに使えるおすすめ水筒!!子供が使うのは何がいい?人気の高いものを紹介!!

2018.03.08

ライトレシーブの場合

自分がライトレシーブにいる場合は、どんなボールを狙えばいいんでしょうか?
ライトレシーブは結構難しいポジションです。
なぜなら、スパイカーとの距離が短いこと、狙うボールが多いからです。

まず、ひとつ前に落ちるストレート側のフェイントボールを取らなければなりません。

次にブロックアウトを取らなければなりません。
ストレートに抜けて来るボールは、強打になるので取れなくても仕方ないです。

ライトレシーブではこのふたつの選択肢で迷ってしまうことが多いです。

ですが見分け方は意外と簡単でブロッカーがスパイカーのコースを塞いでいれば、フェイントの方を狙って、コースが空いていたらブロックアウトのボールを狙います。

バレーボールあるある!!監督怒ってる編

2018.03.01

バレーボール部が考えるメンタルを強くする11の方法

2018.04.18

終わりに

試合でめぐり変わっていく状況のなかでこういったことを考えていくのは、瞬間の判断なのでとても難しいです。
しかし考えてバレーをすることで自分の中で情報が多くなり、その瞬間、瞬間で判断できるようになります。

特に小さいプレイヤーはそういったバレー的なIQを高めていくことで、上手いプレイヤーになることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)