レシーブができない人には共通点がある。レシーブ上級者へのコツを紹介【バレーボール】

はじめに:レシーブできない人が多い

まずはじめにレシーブの基礎を書こうと思ったのは

僕は最近中学生の指導に当たることがあり、

こんなことは知っているだろう

これくらいはできるだろう

という当たり前のことができない子がいるのだということに気がつき

この記事を執筆するに至っている。

バレーボールの特性上レシーブは一番重要です。

なぜなら1本目がなければ2本目がないからです。

1本目をうまく上げることでトスを上げる人が余裕を持ってセットできます。

その後の攻撃に繋がるのは実は1本目だったりします。

だから今回はレシーブの基礎的なことを書いていきたいと思います。

基本的なレシーブの動き

相手がレフトから打って来たときの守備位置は大体のチームがこんな感じです。

基本的にブロックに当たらないコースをカバーする必要があります。

センターレシーバーは、ブロックに当たって大きく外に出るワンタッチボールをとります。

前衛のレシーバーは、アタックラインより前に打ち込まれることはほとんどないので
アタックラインくらいに落としてくるフェイントボールを拾います。

レフト、ライトレシーバーは抜けてくる強打とフェイントボールを拾います。

この時に前衛のレシーバーとレシーブ位置が被らないようにして下さい。

アタックラインより前は前衛の人がとる

アタックラインより後ろは後衛のレシーバーがとる

などの約束事をきちんと作っておくことが重要です。

試合中に迷うことを少なくし、判断を早めることができます。

 

ラリー中は常に構えておく

基本的にラリー中はこの構えた状態をずっとキープして下さい。

レシーブができない人は、この状態で構えていなくて

基本的に棒立ちになっていることが多いです。

この状態のまま移動することで、自分が意図しない時にボールが来ても対応することができます。

ラリー中だけはこの状態をキープできるようにしましょう。

ラリーが切れたらその間は休んで下さい。

しかし、何度言ってもこの状態をキープできない人がたくさんいます。
この状態をキープできないのには理由があります。

 

ボールが来ると思っていない

 

レシーブの時棒立ちになってしまう人の特徴は、ボールが自分のところに来ると思っていないということです。

実はボールを上げる技術は差があるかといったらそこまで変わらなかったりします

しかし、それでも試合中にボールが上がらない人がたくさんいます。

試合中にボールが上がる人と上がらない人の差が出るのはなぜか?

それは、試合中にボールが来ると思っている人といない人がいるということです。

試合中にボールが来ないと思っている人なんていないと考えているかもしれません。
しかし、実際にボールが来るとびっくりしたように反応してしまうのです。

予想外のことをされると人は反応できなくなってしまいます。

バレーにおいては自分の予想外のボールが飛んで来ると、途端に反応できなくなってしまいます。

予想することが必要

 

どんなボールが来るかをあらかじめ予測しておくことが必要です。

レフトから相手が打って来て、ブロックがしっかりと2枚つき
自分がセンターレシーブをしているのなら、ワンタッチボールが来る確率が一番高いと考えましょう。

クロスに抜けて来たボールは、クロスのレシーバーが取ってくれます。
ストレートに抜けて来たボールは、ストレート側にいるレシーバーが取ってくれます。

だから自分はそれ以外に来る自分のところに来るボールをとることを考えます。

この考え方ができると、実際に試合でゲームメイクできるようになります
相手がどんなことを考えて、どんなことをして来るかをある程度予測できるようになるからです。

 

終わりに:レシーブを考える

 

どうでしたか?

試合でレシーブを上げるにはある程度どんなボールが来るかを予測することが重要です。

レシーブの動きを1つとっても動きの意味を考えることで、どんなボールに備えるのかを知ることができます。

ただ、暗記的にこの時はどうする
という考え方ではなく、問題に対しての解き方を知っていることが重要なのです。

色んな経験の中でどんなボールが来るかをよく考えてみると、レシーブが上がると思います。

この記事がレシーブで悩んでいるバレーボーラーに届くと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)