明治大学バレー部の小川智大選手についてまとめてみた

はじめに:明治大学の小川智大選手

 

日本人は海外選手よりも、レシーブ力が高いと思っています。

日本人は海外の選手よりも、器用な選手が多いと感じています。

そんな器用な日本人選手の中でもひときわレシーブが上手い選手がいます。

明治大学のバレー部リベロの小川智大(オガワトモヒロ)選手をご存知ですか?

今回はその明治大学のバレー部のリベロの小川智大(オガワトモヒロ)選手を紹介したいと思います。

 

小川智大のプロフィール

1996年7月4日生まれ

出身地 神奈川県

血液型 O型

身長 176センチ

最高到達点 305センチ

出身校 川崎橘高校

尊敬する人 痩せていれば父親

趣味 学校で出されるレポート

座右の銘 後頭部丸太郎

アピールポイント あと2単位で卒業確定

好きな食べ物 お肉

ポジション リベロ

 

川崎橘高校という神奈川県の強豪校に所属していました。

川崎橘高校では、一年生の時からユニフォームをきていました。

1年生の時は170センチだったので、名門校でユニフォームを着ていたということは相当に上手かったということがわかります。

川崎橘高校の主な卒業生は豊田合成の白岩選手などがあげられます。

また、ドリームマッチという全国の有望選手だけが呼ばれる試合にも高校生の時に参加しています。

同級生には早稲田大学の小林光輝や藤中優斗、東海大学の永露元稀、中央大学の柳田貴之などがいます。

 

指示の力がすごい

 

試合中を見ればわかると思いますが、試合中に指示をする場面がとても多いです。

リベロに求める力の中で指示を出すという力があります。

指示を出すということは、リベロの中でも必須のスキルです。

この指示を出す回数が小川選手は非常に多いです。

また、指示を見ているとレシーブの位置などの指示をしています。

そのほかにもタイムアウト中に、よく指示を出している場面も見られます。

自分以外の人に指示を出すのは、リベロにおける大きな役目です。

キャプテンも任されているので、リーダーシップは強い方だと感じられます。

 

U-23日本代表に選出

 

小川選手はバレーボールU-23の日本代表にも選出されています。

メインで試合に出場した機会は少ないものの、これから日本代表に入って行くということは期待できる選手だと思います。

また、2017年のバレーボール関東大学1部リーグのベストリベロにも輝いています。

今後の小川選手の活躍に期待です。

 

 

トスが上手い


小川選手を代表する技術といえば、2段トスをあげる際に早いトスをあげてみたりする、挑戦的なトスだと思います。

印象にも強く残るプレーです。

最近リベロに求めるスキルは増えていっています。

その中でも必須のスキルがトスと言えるでしょう。

動画を見たらわかると思いますが、小川選手はトスの技術が非常に高いです。

アタッカーがタイミングを取りやすいように低いタイミングでトスを出しています。

その技術を試合中にできるというところもいいリベロと言えますね。

 

イケメン

小川選手のいいところはイケメンというところです。

最近では柳田選手、石川選手をはじめとした、イケメンバレーボーラーが増えていっている印象ですが、それに匹敵するほどのイケメンバレーボーラーでは!?と思っています。

今後全日本などに入った時に、石川、柳田、小川のサーブカットの並びが見れることを楽しみにしています。

【バレーボールシューズのおすすめ人気集】選び方からバレー部が徹底解説!!

2018.03.10

終わりに:小川選手は

 

小川選手の特徴

  • リーダーシップが強い
  • イケメン
  • トスが上手い

小川選手の特徴はこんなことがあげられます。

こういった若くて有望選手がたくさんいることはとても喜ばしいことだと思います。

全日本などでイケメンバレーボーラーとして活躍する日が待ち遠しいですね。

 

この記事がいろんなバレーボーラーに読まれれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)