金蘭会のエース宮部愛芽世(みやべあめぜ)選手に迫る!!

はじめに:ハーフ選手の活躍

最近は高校のいろんなスポーツの大会でハーフの選手を見るようになりました。

全日本のラグビーなどでもいろんな黒人選手が日本の日の丸を背負うようになりました。

高校バレーの中でもいろんなハーフ高校生が活躍を見せています。

その高校生の中でもひときわ輝いている高校生がいます。

宮部愛梨の妹、宮部宮部愛芽世(みやべあめぜ)です。
今回はそんな宮部宮部愛芽世(みやべあめぜ)について紹介して行きたいと思います。

【バレーボールシューズのおすすめ人気集】選び方からバレー部が徹底解説!!

2018.03.10

宮部愛芽世(みやべあめぜ)のプロフィール

2001年10月12日生まれ

身長 175センチ

所属 金蘭会高校

最高到達点 304センチ

出身中学 金蘭会中学校

宮部愛芽世(みやべあめぜ)の姉は?どこの国のハーフ?

宮部愛芽世(みやべあめぜ)選手の父親は、ナイジェリア人です。
母親は日本人なので、日本人とナイジェリア人のハーフですね。

姉の宮部藍梨選手は全日本代表候補となっています。
眞鍋ジャパン時代に当時高校生だった姉の宮部藍梨選手が、鮮烈デビューを飾ったのも記憶に新しいです。

現在は神戸親和女子大学に在学中です。

東京オリンピックの時に宮部愛芽世(みやべあめぜ)選手は18才になります。

女子の18歳といえば木村沙織選手などの高校生の全日本デビューと重なります。

そういった鮮烈なデビューを飾って行けるような選手だと思うので現在よりもさらに最高到達点を高くしていって日本最高の最高到達点を叩きだせる選手になってほしいと思います。

高校バレーの名将特集!!女子バレー編

2018.04.26

2018春の高校バレーの優勝に貢献

 

宮部愛芽世(みやべあめぜ)選手が在籍している金蘭会高校ですが、2018年の春の高校バレー優勝に貢献しました。

準決勝では石川祐希の妹の石川真佑を要する下北沢成徳に3−1で勝利しました。

1年生だった宮部愛芽世(みやべあめぜ)選手が出した数字が、総得点が19得点スパイク決定率50%超えです。

石川真佑の株を完全に奪う活躍でした。

バレーボール部が考えるメンタルを強くする11の方法

2018.04.18

高い身体能力

 

身長175センチの宮部愛芽世(みやべあめぜ)選手ですが、最高到達点が304センチという高さを誇っています。

この最高到達点は木村沙織選手と同じです。

木村沙織選手の身長は185センチですから、10センチほど身長の高い選手と同じ到達点になるということはよほどの高いジャンプ力を持っているということですよね。

宮部愛芽世(みやべあめぜ)選手の身体能力の高さが見受けられます。

鎮西高校の水町泰杜選手に迫る!彼女は?姉は?天才エースを特集

2018.04.15

東京オリンピックに照準を

 

東京オリンピックに照準を合わせて欲しいと思っています。
東京オリンピックには上記した通りに、宮部愛芽世(みやべあめぜ)選手は18歳です。

女子選手は体格的にもあまりそこから変わらないので、18歳でかなり完成度の高い選手になることは可能です。

姉の宮部藍梨選手は高校生の春の高校バレーの時に腰を悪くしていました。

その怪我だけ気をつけて欲しいですね。

もしかしたら体格的に足が長く、細い体型なのでものすごく腰などに負担がかかりやすい体質なのかもしれません。

そういった怪我にも悩まされるようなことが起きそうなのが心配ですね。

 

終わりに:気をつけて欲しい

 

いかかでしたでしょうか?

今回は宮部愛芽世(みやべあめぜ)選手について紹介いたしました。

宮部愛芽世(みやべあめぜ)選手は絶対に全日本を代表するような選手になると思いますが、そんな選手たちをやはり蝕んできたのは怪我という存在です。

日本の有望な選手は大山加奈さんや狩野舞子さんなど様々な有望選手が怪我のために泣かされてきました。

ハーフということで身体能力も高く、将来有望な選手なので怪我だけは気をつけて欲しいです。

将来に期待のできる選手なのでこれから身長もまだ伸びると思いますし期待しています。

この記事がいろんなバレーボーラーに読まれれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)