【バレー】ミートできない、、これを見ればミート力3倍!!ミートするコツを紹介!!

はじめに:手にミートしない

バレーをはじめた時、まずはじめにさせられるのが壁当てとかだと思います。

でも最初の頃は、なかなか手にミートしなくて、壁当てが続かない、、

そんなことがあると思います。

ミートできるようになると、その感覚が自分でわかるようになります。

そうすると今の感覚は手に当てったないな。

今のはちゃんとミートしたな。

という自分の中での判断基準がつきます。

そうすることで自分の中で良し悪しがわかります。

良し悪しがわかることで、自分ができているかできていないかわかるようになります。

そうすれば自分で意識して練習に取り組めます。

 

まずは正しいスイングを

ミートするかしないかはスイングが正しくできているかも関係して来ます。

スイングはまっすぐ引いて、まっすぐ振り下ろすのが、一番効率のいい形です。

まずは壁側に聴き手を向け立ち、スイングの型をい作りましょう。

壁にぶつからないように、まっすぐ腕を引き、まっすぐ振り下ろします。

このスイングは最初は窮屈だと思いますが、これが基本のスイングの形です。

ミートしないのは理由がある

手にミートしないのは理由があります。
せっかくいいスイングをしているのにミートしない。

そんなことがあると思います。

ミートしない理由のほとんどが力を入れすぎです。

まずは手にミートする感覚を覚えていきましょう。

力を抜き、スイングは早いまま行います。

力を入れてスイングすると打点がずれてしまいます。

それに試合中にはスパイクは早いタイミングで打った方が決まりやすいです。
力を抜くというのは早いタイミングでスパイクを打てるというメリットもあります。

まずはボールを入れないで、このスイングだけを早くするように意識してください。

そして慣れて来たらボールを入れていきましょう。

 

ボールのどこを狙うか

ボールはピンク色の部分を、人差し指から当てるように狙うと上手くミートすることができます。

ボールが入って来ると力を抜くのを忘れがちですが、スイングは力を抜くのを忘れないで下さい。

まずは、力を抜いてボールをミートする感覚を掴んでいってください。

ボールを打つときにミートする力はスパイクを打つときに絶対必要な力です。

ミートするのとミートしないのではボールのスピードがかなり違います。

とにかく数をこなす

はじめたばかりの頃は感覚を掴むことが大切です。

感覚を掴むには、とにかく数をこなすことです。

数をこなせば自分なりに感覚はつかめます。

それが自分の変な癖になってはいけません。

しかしはじめたばかりは、自分の中に経験をさせることに注力した方がいいです。

たくさん経験することで、自分の中の引き出しが多くなります。

上手い選手は、引き出しを多く持っていて、瞬時にその場、その場に応じた引き出しを使うことができます。

その引き出しを増やすことを優先してください。
数をこなしていけば自分がどういう風に打ったらどんなボールが打てるかをたくさん体験してください。

終わりに:参考になった?

最初は誰でも、初心者です。

経験を多くすればするほど、自分の中に経験は溜まっていきます。

しかし、練習の時にきちんと、練習の意味を意識して練習しなければいつまでたっても上手くなりません。

技術的にはできることが増えても、試合でできることが増えているかは別物です。

試合でできることが増えていくように、ここでは意識を学んでください。

どういったことを試合で考えればいいのかを教えてくれる人は少ないです。

というか監督もそういう考え方が、わかっていない人がたくさんいます。

こういったことを考えられるようになれば、試合に勝つことができるでしょう。

この記事ミートできない人が読んでくれて参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)