全日本女子バレー黒後愛選手とは?木村沙織2世に?髪を伸ばしたらかわいい?

はじめに:黒後選手とは?

 

全日本に選出された黒子愛選手ですが木村沙織の後継者とも呼ばれており、周囲からの期待は高まっています。

所属チームも木村沙織選手が所属していた東レということもあり木村沙織二世というポストも名高いようです。

また出身高校も下北沢聖徳高校という木村沙織選手と同じ高校であるためにポスト木村沙織として期待されています。

【バレーボールシューズのおすすめ人気集】選び方からバレー部が徹底解説!!

2018.03.10

今すぐにバレー部女子を彼女にした方がいい5つの理由を説明します。

2018.04.17

黒後愛のプロフィール

背番号 20

ポジション ウイングスパイカー

1998年6月14日生まれ

出身高校 下北沢成徳高校

出身地 栃木県出身

嵐のファン

性格 負けず嫌い

バレーを始めたきっかけ 姉の影響

所属チーム

市立横川西小学校(サンダース)

市立若松原中学校

下北沢成徳高校

東レアローズ

市立若松原中学校では2年生ながらも全日本通学選抜に選出された。

3年生の時には全国都道府県対抗中学バレーボール大会に出場した
チームは2回戦敗退ながらも黒後は優秀選手賞を受賞した。

下北沢成徳高校では在学中に東京オリンピックの強化選手選抜のTeam COREのメンバーに選出された。

2016年の春の高校バレーでは大会優勝の原動力となった。

スポーツに使えるおすすめ水筒!!子供が使うのは何がいい?人気の高いものを紹介!!

2018.03.08

木村沙織2世になれるのか?

 

黒後愛選手といえばその経歴から木村沙織2世の呼び声が高い選手です。

要するに木村沙織選手のような日本の代表的な選手になれるのかということです。
その期待はかなりあると思いますが、その期待に答えられるまではまだなっていないというのが現状です。

しかしポテンシャルは高いと思います。

木村沙織選手は実際に高校生で全日本デビューを果たしていますから成長速度もそこでぐんと上がった印象です。

黒後選手はVリーグに入った後に代表選出されたことから、ここから追いつけるのかということに期待しています。

【スポーツタオルおすすめ人気集】ナイキ、アディダス、数あるタオルから17枚を紹介!!

2018.03.13

どうしたら木村沙織2世になれる?

 

では現状足りていない力はどんなものなのかということを考えていきたいと思います。

まず黒後選手に足りていないのはサーブカット、レシーブ力ではないでしょうか?
木村沙織選手のすごかったところはエースとして試合で常にサーブで狙われる存在でありながら、試合で崩されることなく自分でサーブをとって自分で売って決めるというすごさにありました。

黒後選手はまだ守備面がそこまでには達していないような感じがします。
サーブカットなどで集中的に狙われたときにいかにそれをもろともしない能力が必要とされます。

次に足りていない要素はスパイク能力です。
国内でもまだまだ1人で打ち切る能力は足りていない印象です。
実際に高校から、Vリーグに進んだ際に、ブロックされるシーンやなかなか決まらないシーンが何回も見受けられました。

下北沢成徳のバレーはオープンバレーなのでVリーグの平行トスに慣れなかったのもあると思いますが、まだまだといった印象です。

逆に守備面と攻撃面でまだまだ伸びる可能性はあると思っています。

バレーボール元全日本代表の竹下選手がどれだけ凄いのかを他のスポーツで例えてみた。

2018.04.14

髪を伸ばしたらかわいい?

 

黒後選手ですが髪を伸ばしたらかわいいのでは?
とネットで話題になっています。

実際に髪を伸ばした画像はこちらです。

うん画像の合成が適当ですが、髪を伸ばしたときの大体のイメージはできますね。
可愛くなっています。

このようにポスト木村沙織は可愛さもポスト木村沙織なんだと実感する結果になりました。

これからどんどん大人になって高校生ではできなかったそういったこともできるようになっていくのでこれから期待していきたいですね。

バレー全日本代表女子監督の中田久美がどれだけ怖いかをまとめてみた

2018.04.14

終わりに:黒後選手は黒後愛として

 

これから女子日本代表として木村沙織2世という名前には苦しめられることもあると思いますが、自分なりに自分の道を進んでほしいと思っています。

大山加奈さんや狩野舞子さんのような怪我だけしないように気をつけてほしいです。

多分木村沙織2世という名前は本人の負担になってしまっているに違いありません。
しかし、これからどんどん伸びて行く選手だと思うので、これからの黒後選手の活躍に期待です。

この記事が女子バレーファンに届くと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)