全日本女子バレー古賀紗理那(こがさりな)選手とは?可愛い?スパイクがすごい!

はじめに:全日本女子バレーの古賀紗理那(こがさりな)選手を知っていますか?

全日本女子バレーでは現在木村沙織選手が引退を表明し、その穴が大きなものとなっています

そんな全日本女子バレー界では、天才的なプレーヤー木村沙織選手の後継者が現れることを待ち望んでいました。

その後継者候補として名前が挙がっているのが、古賀紗理那選手なのです。

古賀紗理那選手は、全日本にも何度か入っていますが、前回の世界大会では怪我で欠場しました。

しかし次の世界大会には出てきて活躍が期待されるのでは!?と全日本女子バレーボール界の注目が集まっています。

今回はそんな木村沙織の後継者が有望視されている、古賀紗理那選手について紹介したいと思います。

 

古賀紗理那選手のプロフィール

生年月日 1996年5月21日
出身地 佐賀県神埼市
身長 180cm
体重 66kg
ポジション WS
指高 235cm
最高到達点 305cm
垂直跳び 55cm
出身高校 熊本信愛女学院
出身中学 大津町立大津中学校
血液型 B型

 

古賀紗理那選手のここがすごい

古賀紗理那選手はレシーブ、スパイク、ブロック、サーブどのプレーも高いレベルでこなせるという点がすごいところです。

スパイク力とレシーブ力が両方あるサイドの選手というのはかなり珍しいですよね。

日本では身長がそこそこあってスパイク力の高い選手は、レシーブができないということが多いのですが、古賀紗理那選手はそういったことがなく、「レシーブが上手くてスパイク決定力のある選手」だと言えます。

また、スパイクの打ち方が韓国のキムヨンギョンに似ていますね。

キムヨンギョン選手は世界的に有名な選手です。

この動画を見ればわかりますが、キムヨンギョン選手はスパイク決定力が桁外れにすごい選手です。

日本の守護神佐野優子選手がスパイクレシーブをこれだけ拾えないということも珍しいでしょう。

1人でキムヨンギョンが打ち切って韓国に負けてしまったという試合は鮮烈に記憶に残っていますね。

この2人の打ち方を見比べてみると、打ち方がとても似ていることが分かります!

古賀紗理那選手もキムヨンギョンくらいの選手に成長してくれるといいですね!!

 

怪我・うまく勝てなかったことに悩まされた高校時代

この動画を見ればわかると思いますが、古賀紗理那選手は怪我にかなり悩まされた選手です。

高校時代には、全日本のメンバーに選出されたものの、高校の試合には万全の体制で試合に出ることができたのは1年生の時だけだったのではないか、というくらい怪我に泣かされた高校時代を送っていました。

高校3年生の最後の春の高校バレーでは、レギュラー4人がインフルエンザに感染し、フルメンバーで試合に望むことができずに3回戦で大和南高校に敗退しました。

高校バレーでは、個人では活躍を見せるものの、チームでは日本一という目標を達成することができずに苦しむ3年間を過ごしました。

全日本でも前回の大会で怪我の為欠場でしたし、大きな怪我がないように気をつけて欲しいですね。

 

1日署長にもなったことがある

バレーボール選手としては珍しいですが、1日署長もやったことがあります。

バレーボール選手ではあまり見ることがないですが、この婦警さんの格好か結構似合っていますよね。

普段はバレーボール漬けの毎日ですから、こういった仕事をすると逆に心がリフレッシュされるのではないでしょうか?

それにしても、似合ってますね。

こういう婦警さんいそうですもんね、、。

 

終わりに:古賀紗理那選手の今後に期待

 

古賀紗理那選手は、高校生1年生の時に熊本信愛女学院でベスト4という成績を残した時に一気に注目されました。

古賀紗理那選手が出てきた時にはみんなすごい選手が出てきたなという感じでした。

そんな古賀紗理那選手ですが、その後高校時代には上手く結果を出せずに苦しみました。

怪我や仲間との問題もあったみたいなので、これからは怪我に気をつけて全日本で存分にプレーして欲しいですね。

これからの古賀紗理那選手の活躍に期待です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)