これでできる!!木村沙織の超絶技巧スパイク練習方法!!

はじめに:木村沙織に憧れて

憧れの選手で木村沙織選手をあげる選手はとても多いと思います。
出て来た時、木村沙織2世と言われていた、全日本の古賀紗理那選手も木村沙織選手をお手本にしてやっていたというほどです。

その木村沙織選手の代名詞といえば、プッシュフェイント、超インナー打ち、ラインショットなどあります。

その中でも今回説明していきたいのがインナー打ちです。

こんな感じのやつですね。

実は自分も木村沙織選手に憧れて、めちゃくちゃインナー打ちの練習をしました!

その結果ボールコントロールが非常に上手くなりました。
そしてその技術が、かなり試合でも役立っています。

だから自分が実際に行った練習を紹介していきたいと思います。

 

ボールの中心からずらして打つ

まずインナーに打つときに必要な感覚があります。
それはボールの中心からわざとずらして打つという感覚です。

普通のスパイクは、中心よりも少し上の場所か中心くらいで、打っていると思います。
しかしインナーに打つときは少し当たり損なう感じで打っていきます。

意図的にボールにミートさせないというのは普段練習していないとできません。

実際に僕自身クラブチームなどで、プレーしたときに意外とこれができない人が多いんだと気づきました。


打ち方はボールの赤い部分を手で覆うような感じで打っていきます。
ボールの左側を打ちます。
このとき、小指側の手のひらに当て方で大体の角度が決まります。
そして親指側の手のひらで微調整するといった感じです。

よりボールの左を打つほど、よりネットに近い角度で打つことができます。

練習方法

まず、利き手側を壁にして壁の近くに立ちます。
壁と平行になるように立ってください。

 

そして、ボールを壁側に打っていきます。

壁打ちの要領で打っていきますが、連続して打てないので一回一回打ちます。
このときに気をつけるのが、感覚を大切にすることです。

自分の中でボールの芯をわざとずらして、打てるようになるまで繰り返し練習します。
この感覚が自分の中で確立して来たら、ネットを使った練習になっていきます。

ここに向けて、さっきのように打っていきます。
トスを上げてもらった方がやりやすいですが、自分で手で上げても構いません。

このときに気をつけるのが、スイングスピードを下げてしまわないようにすることです。

最初の壁当てでは、感覚を大切にしましたが感覚を掴んだ後は実戦で使えるかどうかを大切にします。

その場所に打てても、相手に打つことがわかってしまうバレバレの感じで打ってしまっては、意味がありません。

そして、スイングを速く保つことで相手に普通に打つという選択肢を、最後まで持たせることができます。

最初はアウトしたり、変なとこにボールが行ってしまうことはあると思いますが、そこから少しづつ修正していってください。

ちなみに、普通にインナーに思いっきりスパイクを打てる人は、体の向きとか気にしなくていいと思います。
ブロックがそこにいないし、打ってきたらほとんど拾えないから、試合中何本もそこに打てるような練習をするべきです。

終わりに:インナー打ちができたら

ボールを上手くコントロールするのは、試合でかなり重要なスキルになってきます。
僕自身も最初はただ木村沙織選手がすごいプレーをするからバレーを始めたばかりの頃すごく真似していました。

ただ遊びながら真似していただけだったのですが、気づいたら他の人にはできないようなボールコントロールができるようになっていました。

このインナー打ちをマスターすることで自然と繊細なボールコントロールセンスが身について来ます。
軽く遊んでやっている時などに、試してみてもいいかもしれません。

遊ぶような感じで最初は壁打ちから入っていけばいいと思います。

これを読んだ人がインナー打ちをできるようになればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)