ジュニアのバレーボールシューズのおすすめ9選を選び方から解説してみた

はじめに:ジュニアのバレーボールシューズ

 

バレーボールシューズを初めて買うときはどんなシューズがいいかわかりませんよね?

バレーボールシューズ は一般的なサイズの他にもジュニア専用のシューズがあります。

今回はそういったジュニア用のシューズをはじめ、ジュニアにもおすすめなシューズを紹介していこうと思います。

シューズの一般的な選び方については別の記事でまとめていますのでそちらでご確認ください。

【バレーボールシューズのおすすめ人気集】選び方からバレー部が徹底解説!!

2018.03.10

 

ジュニアシューズはどんなものがおすすめか

 

ジュニアバレーボーラーはどんなシューズがおすすめかを紹介していきたいと思います。

ジュニア用のシューズだけではなくこういった条件に当てはまっていればジュニアに適しているものとなります。

軽いシューズ

小学生などの体が出来上がっていない選手には軽いバレーボールシューズ がおすすめです。

あまり重いシューズを履いているとジュニアの成長過程の体に負担がかかってしまいます。

あまり重いシューズは避けたほうがいいでしょう。

 

クッション性の高いもの

あまりにクッション性がないものは避けたほうがいいです。

クッション性が低いと着地した時に成長過程の体に負担をかけてしまうことになります。

できるだけクッション性が高いものを選びましょう。

 

値段が安いもの

バレーボールを始めるときはあまり高いバレーボールシューズ はおすすめしません。

というのも始めたばかりのときはどんなシューズが自分にあっているかわからないし、足が急激に大きくなる可能性もあるからです。

勝手すぐに履かなくなってしまったら、勿体無いのでジュニア用にあまり高いシューズはおすすめしません。

できるだけですが、値段の安いものを選ぶことをおすすめします。

ジュニア用シューズを選ぶ基準

・軽いものを選ぶ

・クッション性が高いものを選ぶ

・値段が安いものを選ぶ

 

サンダーブレード

ミズノのサンダーブレードです。

値段はAmazonで6000円程度からあります。

サイズも豊富です。

横移動の動きに強いシューズです。

ワイド設計なのでいろんな人の足にも対応しています。

サンダーブレードの特徴

・ワイド設計なのでいろんな人の足にフィットする設計

・横の動きに強い

 

 

ウェーブスーパーソニック

硬さの異なるソールを組み合わせることで、安定性とクッション性を実現しています。

どんなポジションでも使えるような、オールランドなジュニア用シューズになっています。

メッシュ素材が多い作りになっていて足をいれた時の感覚がいいので、初心者にはとてもいいシューズになっています。

ウェーブスーパーソニックの特徴

・安定性とクッション性が高い

・どんなポジションでも使える

 

 

 

 ライトニングスター

 

ウェーブライトニング(全日本女子使用シューズ)のジュニア用シューズになっています。

ウェーブライトニングは10000円くらいしますが、このシューズは5000円程度の半額で買えるのでおすすめです。

ただ、完全にジュニア用のシューズなのでサイズが小学生で大き過ぎる子だとない可能性があります。

ライトニングスターの特徴

・ウェーブライトニングのジュニア版

・価格が安く買える

 

 

リブレEX

 

スタンダードなバレーボールシューズ ですがこのシューズはバレーボールをはじめるに当たっては適しているシューズと言えます。

価格もAmazonで4000円程度からとかなり安くなっていますし、エントリーモデルといったアシックスが最初の1足にこういったシューズを履いたらいいと勧めているバレーボールシューズになります。

迷ったらこのシューズにしておけば間違い無いでしょう。

リブレEX

・価格が安い

・最初のシューズに適したエントリーモデル

 

 

 

ウェーブオーディーン

 

こちらもミズノの中のエントリーモデルといっていいモデルでしょう。

安定性とクッション性も高く、人気の高いシューズです。

Amazonで4000円程度からあります。

履きやすさを求めるのなら、このバレーボールシューズ がおすすめです。

ウェーブオーディーンの特徴

・安定性とクッション性が高い

・価格が安い

 

 

GEL-ROCKET 8

 

アシックスのGEL-ROCKET 8です。

このシューズは、ミッドソールの中足部分を補強することで、運動時のフットワークを安定させる機能があります。

発泡シートや衝撃吸収材を使用しているためクッション性も高いです。

価格は5000円程度で他のジュニアのバレーボールシューズよりも若干高いですが、その分機能的には高くなっています。

GEL-ROCKET 8の特徴

・ミッドソールでフットワークを安定させる

・衝撃吸収性が高い

 

 

GEL-TASK

 

日本人の標準的な足を元に設計されています。

また、バレーボールに最適な動きを計算して製作してあります。

このシューズはアシックスのエントリーモデルでもあります。

価格は6000円程度からとなっています。

の特徴

・エントリーモデル

・日本人の足を元に設計されている

 

 

ローテジャパンライト

 

速い動きを求められる選手におすすめです。

大人でも使っている人が多く、アシックスの中ではかなり人気の高いバレーボールシューズになっています。

歴史も長く、昔からアシックスのバレーボールシューズ といえばこのシューズといった感じくらいのアシックスを代表するバレーボールシューズです。

価格は7000円程度しますが、これからバレーボールを本気でやっていくならこのシューズはおすすめできます。

ローテジャパンライトの特徴

・アシックスの代表的なバレーボールシューズ

・本気でバレーボールをしたいならこのシューズ

 

 

リブレCS

初心者におすすめなのがリブレシリーズです。

このシリーズは基本的に初心者用に作られていて、とてもリーズナブルです。

これからバレーボールを始めようという方にはぴったりのバレーボールシューズ になります。

クッション性と屈曲性を兼ね備えています。

価格はAmazonで3000円程度からになります。

リブレCSの特徴

・価格が安い

・クッション性と屈曲性を兼ね備えている

 

 

終わりに:ジュニアのシューズ選び

 

バレーボールを始める上でまずやるのが、バレーボールシューズ を選ぶということです。

しかし、何も知らない状況でシューズを選べと言われてもどんなものがいいかなんて正直わからないと思います。

なので、今回はバレーボールをこれから始める人のためにジュニアのバレーボールシューズ のおすすめを紹介しました。

この記事を読んでバレーボールを始めた人がいたらとても嬉しいです。

この記事がバレーボールを始める人に喜んでもらえたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)