自己紹介

まずはじめに

僕がバレーボールをはじめたのは中学生の頃でした。
当時仲の良かった友達が中学進学と同時に、バレーボール部に入ると言うので
「あ、まじで?じゃあ俺も入るわ!」って感じでなんとなく入りました。

しかし、入った部は県で3位(当時)のまぁまぁの強豪と言われる学校でした。
そんなこと全然知らなかった僕は、甘い青春を中学生で送れると信じて入学し、バレー部に入部しました。
そこで待っていたのは、めっちゃくそ厳しい練習と、女子バレー部と別の体育館での練習でした。
自分が想像していた感じとは全然違う青春、いや黒春を送ることが入学と同時に決定した。
そう思いました。

 

こんなことに

関東大会出場(県で3位以内)が確実だろうと言われていた先輩たちでしたが、総体で負けてしまい、関東大会には出場せず結構早めに引退しました。
これには監督もがっくり、その反動で僕たちはさらに厳しい練習に追い込まれていきます。

入学した時に3年生だけで、2年生がいなかった為早々に自分たちだけになってしまったバレー部は、小学校の頃バレーをやっていた経験者が1人だけの初心者軍団になってしまいました。
僕たちは結構練習しましたが、大会ではクッソ負けまくりました。
練習試合で負け、公式試合で負け、去年まであったシード枠は全ての大会で無くしました。
気づけばいつしか僕たちには負け癖が付いていました。
大会で負け続け、もう自分たちの時代は終わったと他のチームの監督から言われてしまう。
そんなことを監督から言われた日もありました。

3年生になり

3年生になった僕たちは、最初の大会で前年王者の中学からシード枠を、取り返しました。
2年生の時、他の中学の3年生と試合していた僕たちは、自分たちの力が全然通用しないような感じがしていましたが、実は皆結構上手くなっていたことに、その時初めて気づきました。
結果的に僕たちは先輩たちが成し得なかった関東大会出場を果たすことができました。(初戦で負けて、あの日は枕を涙で濡らした。)
そして同じ中学からは、県選抜の選手が2人選考されました。(自分は選考会で落ちて枕を涙で濡らした。)
でも県でも上手い人達とプレーしてたんだなって思いました。
あの有名な石川祐希や関田誠大とも対戦することができました。(多分向こうは記憶のかけらも残っていない)

 

高校生になり

自分も高校はスポーツ推薦で行けることになりました。
高校は県で3位、4位くらいの高校でした。
そこで3年間バレーを続けました。
まぁここまでくると何もシンデレラストーリー的なものはないです。
普通に毎日バレーをしていました。
強豪校だと特別感じることもなく自分は3年の引退の瞬間までバレーをしました。
そして大学へ行くことになります。
大学は特にバレーで行くことはなく普通に進学しました。

 

そこで待っていたのは

 

どの大学でも一緒だと思うのですが、大学ではサークルの勧誘をたくさん受けます。
自分が行った大学はバレーのサークルは5個くらいありました。
まぁちょっと行ってみるかと思ってサークルに行ってみたところ

正直な話
、、えっこいつら本当にバレー部か?が最初の感想でした。

高校では強豪というものの、4位とかだったので県内で練習試合するとなると、3位とか2位とかのとことするわけです。
それか他の県の4位とか3位とかのチームと練習試合するわけですが、それだと完全に負け越すことの方が多いんです。
だから自分が特別に上手いと思ったこともなかったし、ましてやチームが強いと思ったことなんてありませんでした。

当たり前に毎日練習すると思っていたし、当たり前にこれくらいの技術は持っていると思っていました。

しかし大学でサークルに行ってみると、国体行った人と初心者が一緒にバレーしてるとかあるんです。
なるほどなーと思って、コミュニケーションあんま取んなくていい、人数が一番少なかったサークルに入りました。
しかしそこでも問題は起きました。

大学のサークルでも

 

サークルに入っていろんな人とバレーするのもまぁ楽しいなと思っていた頃でした。
先輩同士がどうやら喧嘩していたっぽくどっちの方につくかみたいな話になっていたらしいです。
らしいというのは、その話し合いがめんどくさくて、僕はただひたすらにスパイクを打っていて全然聞いていませんでした。
そんなこんなで喧嘩したのは3、4年生だったのですがなぜか両方ともサークルに来なくなりました。

そしてそのサークルには2年生はいませんでした。
おいおい、なぜこうなった?
まぁ考えていても仕方ない。そう思い、新入生を囲い込む作戦を立て始めました。
その間にもバレーができないからか、同級生の人数も減っていき、4人になったこともあります。
その時、僕は2時間ずっとスパイクを打っていました。

だが、しかしタダでコケることはしませんでした。
次の年、当時流行っていたSNSで新入生2000人ほどに1人ずつメッセージを送りました。

その結果なんと

サークルに入ったのは4人でした。(まだ8人でバレーできない)
その後、入ってくれた新入生に友達を誘ってもらい、なんとか12人程度に、その次の年はなぜか30人くらい入りました。
自分が4年生になる頃には100人規模のサークルになっていました。(逆に多すぎてバレーできなくなった)

とまぁその後社会人になり、小学生教えたり、ママさんバレーでちょっとやるくらいにはバレーやってますって感じです。

 

以上長くなりましたが、自分の紹介です。
最後まで読んでいただきありがとうございます。