早稲田大学バレー部の藤中優斗選手に迫る!!

はじめに:早稲田大学の藤中優斗選手

 

今年の早稲田大学はかなり安定したチームに仕上がっています。

なぜ早稲田大学のバレーが安定しているかと言うと守備面がかなり高いレベルで保たれているからです。

その守備面を支えている選手が藤中優で選手です。
今回はその藤中優斗選手を紹介していきたいと思います。

 

藤中優斗選手のプロフィール

ジュニア 桜木スポーツ少年団

出身中学校 周陽中学校

出身高校 宇部商業高等学校

身長 183 CM

最高到達点 330 CM

ポジション ウイングスパイカー

全日本中学選抜に選出されていてキャプテンも任されていました。

山口県の代表として山口選抜としても活躍していました。

ドリームマッチにも選出されました。

バレーを始めたきっかけは小学校1年生の時兄の影響からです。

目標とする選手は柳田選手です。

ミカサとモルテンだったらモルテン派

バレー以外の好きなスポーツはバスケットボール

得意なプレーはレシーブ

 

兄藤中謙也の存在

藤中優斗選手には兄がいます。

サントリーサンバーズ所属の藤中謙也選手です。

藤中謙也選手も宇部商業出身で、高校時代には国体で2年生の時に優勝しています。

大学でも専修大で活躍しました。

兄弟ともに守備面での活躍が大きいプレイヤーで、オールラウンド型のウィングスパイカーと言えます。

兄の藤中謙也選手も全日本ユースなどに入っており目まぐるしい活躍を見せています。

 

ジュニアユースではリベロに

 

世界ジュニア男子選手権では藤中優斗選手はリベロとして世界選手権に出場しました。

その時の主なメンバーは大竹壱青選手や小野寺大志選手、永露元稀選手などが選出されていました。

他にもパナソニックに入った久原翼選手、高校三冠を成し遂げた神谷雄飛選手などが選手されていました。

その中でも藤中優斗選手は全試合でリベロとして出場しています。

フルで出場しているのは、藤中優斗選手だけだったのでどれだけレベルが高いかということが感じさせられます。

 

守備型のオールラウンドプレイヤー

 

藤中優斗選手は守備型のオールラウンド型のプレイヤーです。

チームではウィングスパイカーですが、世界選手権でリベロを任せられるほどの高い守備力を持っています。

2017年の全日本インカレでは喜入選手が抜けた穴を見事にその器用さで埋めて見せました。

早稲田の守備を安定させているのはサーブカットやディグを担当しているこの人で間違いないでしょう。

 

今後の進路はどうなるか

 

やはり今後の進路がどうなるかということが注目になってきます。

間違いなく V リーグへ進むのでしょうが、どこのチームになるかということが気になるところではあります。

兄のいるサントリーサンバーズではもう守備型のオールラウンドプレイヤーは足りているような気がします。

逆にオールラウンダープレイヤーが足りていない堺ブレイザーズなどになるのか、もしくは V リーグではリベロになるのかということが考えられます。

色々な憶測が飛び交いますが、どのチームも欲しい選手でしょうから取り合いになるのは間違い無いでしょう。

こういった色々な憶測はできますがどこに内定するかはまだ分からない状態です。

今後の活躍に期待しましょう。

 

終わりに:藤中優斗選手の今後に期待

 

今回は早稲田大学の藤中優斗選手を紹介しました。

春の高校バレーなどではあまり注目されなかった選手ですが、 大学入学とともに華々しい成績を残しています。

おそらくほぼ確実に V リーグへ進むでしょう。

早稲田大学はもしかしたら今年も優勝するかもしれません。

藤中優斗選手に目が離せませんね。

今後の藤中優斗選手の活躍に期待です。

この記事がいろんなバレーボーラーに読まれれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)