バレーボールのホイッスルのおすすめを選び方から解説してみた

はじめに:バレーのホイッスルについて

 

バレーボールのホイッスルはどうやって選んだらいいかわからないですよね?

それはそうだと思います。なぜなら誰もバレーボールのホイッスルの選び方を教えてくれる人はいないからです。

ホイッスルはちゃんと選ばないと長時間口にくわえているものなので口が疲れてしまったりします

 

それにきちんといいホイッスルを選ぶことで自分が審判をしている時に疲れにくくなります。

 

また試合で笛を鳴らすことで会場の空気は引き締まり試合の空気を操ることができるのも審判の特徴です。

そのため笛選びはとても重要な要素だと言えます。

 

審判が合図を出すときに欠かせないホイッスルはきちんと用途に合ったものを選ぶことが大切です。

 

ここでは笛の特性を見比べてどんなものがいいかをきちんと説明していきます。

 

【バレーボールシューズのおすすめ人気集】選び方からバレー部が徹底解説!!

2018.03.10

 

 

バレーボールのホイッスルの種類

 

バレーボールのホイッスルは基本的に長管と短管で分けられます。

この二つの特徴を説明していきたいと思います。

 

この二つのホイッスルの特徴は

 

長管が口先が曲がっているものです。

短管はコルクが入っているものです。

 

なぜバレーボールのホイッスルにはこういった種類があるかと言うと

 

体育館で隣り合ったコートで試合をしている時に同じ音では選手がどちらのホイッスルか判断できないためです。

 

基本的に短管は比較的高い音がします。

それに対して長管は比較的低い音がします。

 

この笛の種類ですが主審と副審で同じ種類の笛を使うことが望ましいとされています。

 

最近は電子ホイッスルを使っていることもありますが公式ルールでは普通の笛を使うことになっています。

 

ホイッスルの違い

 

音の大小

音の高低

音色

 

実はホイッスルというものはどれだけ強く吹いても笛の能力以上の音は出ません。

そのためホイッスル選びはとても重要なのです。

 

ホイッスルの音量は自分の肺活量ではなくホイッスルの能力でほとんど決まってしまうのです。

 

もしあなたが使っているホイッスルがすごく吹きにくいのだったらホイッスルを変えることをお勧めします。

 

音が低いものだと耳障りが良く聞こえます。

音が高いものだと遠くまでを届けることができます。

 

ホイッスルの中には音のキレや音の方向が違うものがあります。

分かりづらい違いですがホイッスルの中には音が出る方向まで計算して作ってあるものがあります。

 

また上記に書いてある音のキレとはホイッスルを吹いた時にすぐ音が出るかどうかです。

すぐ吹いて音が出るものは比較的少ない肺活量で音を出すことができます。

 

一番気にしてほしいポイント

 

ホイッスルを選ぶ上で一番気にしたいポイントは

 

持ちやすさ

吹きやすさ

疲れないか

 

この3点です。

なぜこの3点かと言うとバレーボールの審判は試合のほとんどで口にホイッスルを加えていることになります。

 

そのため口にずっとくわえていると口が疲れてしまいます。

なので疲れにくいホイッスルを選ぶことが重要です。

 

おすすめのホイッスル

それらを踏まえてオススメのホイッスルを紹介します。

 

短管ホイッスル

 

短管はこのホイッスルがオススメです。
疲れにくいし音がしっかりとしています。

長管ホイッスル

 

長管ホイッスルはこれがオススメです。
なぜならくわえている時に疲れにくいし
音がしっかりと届くためです

短管との音の違いもわかりやすいです。

 

終わりに:ホイッスルは

 

スポーツ用のホイッスルは一般的なホイッスルとは全く違うものが使われます。

ここで紹介したのはバレーボールの試合に最適なホイッスルです。

 

体育館の中とグランドでは全く違うホイッスルが選ばれます。

 

ホイッスルは使い分けることによって選手たちによりクリアな音を届けることができます。

 

ですので最適なホイッスルを使うことによってゲームの質を上げることができます。

 

この記事がバレーボールのホイッスルの選びに役立てば幸いです。

1 個のコメント

  • どうしても、くわえているのが苦手なので、手持ちで音を鳴らすような物を開発してほしい。審判をやらない人の中にはそういう人も多いと思う。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)