試合で上手くフェイントしたい!!バレーボールのフェイントで気をつけるべき5つのコツ!!

はじめに:フェイントは相手を騙すこと

僕はバレーをやっていた時に身長が欲しいと思ったことは多々あります。

しかし、伸びなかったものは仕方ない。と言うことで割り切って、相手がどんなことをしてきたら嫌がるのか。
どんなことをしたらスパイクが決まるのかを考えて練習をしてきました。

バレーボールでは確かに高さは重要です。

しかし、戦う術がないことは絶対にないです。
むしろ小さい選手の方が空中でのバランス感覚は優れています。

そして考えてバレーをすれば必ず相手の逆をついて得点をすることができます。

試合で上手く相手の逆を突くには相手がどのように考えているかを考える必要があります。

その考え方は ”超絶簡単にスパイクが決まる!!知っておくべき5つのポイント” で説明しています。

だから、今回は技術的にどういったフェイントが、相手にバレないかを説明していきます。

手を思いっきり振ってフェイント

フェイントをする時に相手にバレバレならすぐ取られてしまいます。
だから相手が気づきにくいフェイントをすることが重要です。

相手に気づかせないようにフェイントするには通常のスイングスピードと同じスピードでスイングをすることが必要です。
具体的な説明に入っていきましょう

通常のスパイクは、自分の頭より前でボールをとります。
しかしフェイントの時は自分の頭よりも後ろ側でボールを捉えると相手から気づかれにくいです。

それは相手が、ネットを挟んで正面からスパイカーを見ているので、ボールの位置がスパイクの時に違う場所に置いてあってもわかりづらいからです。

しかし、頭の後ろで思いっきりスイングしてしまうと、ボールがめっちゃ遠くに飛んでいっちゃうよ!!
と思うと思います。

そこで使う技術が、ボールを上手くあたり損なうという技術です。
その技術が知りたい方は ”これでできる!!木村沙織の超絶技巧スパイク練習方法!!” で紹介しています。

その応用で、頭の後ろで擦るように、ボールを同じスイングスピードで打っていきます。

以前説明したボールをあたり損なう技術とは、少し違うので説明すると

イメージとしては、ボールの上部を指の先から打つようなイメージで打つと上手くいきます。

難しかったら、まずは最初に壁当てで、ボールを打ち損なう感覚を掴んでからにした方がいいです。

 

打つ場面を考える

それができたらあとは、どんな時にフェイントボールを使うかを考えていきます。
相手がいるところに打ったら、途端にチャンスボールになってしまうので使う場面は考えていかなければなりません。

相手の守備位置、レシーバーの考えていることは ”これを見たら絶対に上手くなる!!レシーブ上達のための3つのコト” を読んでみたらわかると思います。

基本的にいいトスがきた時にフェイントボールを使った方がいいです。
ノーブロックになった時に、フェイントで決めて相手が一歩も動けていないと、すごい気持ちいいです。

ノーブロックで動けなくなってしまうのは、ノーブロックになった瞬間レシーバーは、やばい打たれると思って構えます。

その時に、意識してないフェイントがくるから動けないのです。
くると思っていないものは基本的には拾えません。

だから基本的には、相手がくると思っていない時に打つのがベストです。
詳しくは ”超絶簡単にスパイクが決まる!!知っておくべき5つのポイント” に書いてあります。

何度もいっていますが、相手に選択肢を持たせるのです。
そしてこいつは何をしてくるかわからないと思わせるのです。

終わりに:試合で使うために

フェイントをする場面はとても難しいです。

チャンスボールになってしまうこともあり、相手からカウンターを受ける場面もあるからです。

これは何回も試合で試して、そしてここに書いてあることを試合中に考えて、また実戦で試してトライ&エラーをするしかないです。

しかし、試合で何回も使っていけば、自然とこれは決まるという感覚が身についてきます。

その時に、決まったからいいと思わずに、今のは〇〇だから決まったんだ。
とまた考えることが重要です。

この記事を読んだ人がバレーが上手くなり、もっとバレーボールを好きになってくれたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)