バレーボールの選び方を値段や検定球、練習球などの違いから解説してみた

はじめに:バレーボールをするにあたって

 

バレーボールを買う時の注意点としてあげられるのが、ボールの大きさや種類です。

基本的に使用するバレーボールの種類は年代別に違ってきます。

そしてバレーボールには検定球や練習球や公認球と言ったちょっと分かりにくいボールの区別の仕方があります。

ボールの大きさは大きく分けて三つに分かれています。

今回はそんな様々なボールの種類や大きさ
検定球や練習球、公認球といったボールの違いを説明していきたいと思います。

 

小学生用(軽量4号球)

軽量4号球は3000〜4000円程度

小学生は4号球の軽量サイズのものを使います。

ボールの大きさは62 CM から64 CM、 直径が20 CM、 重さが200gから220gと設定されています。

小学生は1年生から6年生まで6学年あるので体の大きさは異なりますが、ボールの種類は1種類だけとなります。

ボールの大きさはママさんバレーや中学校で使われる4号球と同じサイズになります。
しかしボールの重さが違います。

ほんの数グラムの違いだと思いがちですが、感覚的に言うとかなり違います。

ボールを購入する際に一般的な4号球と間違えないようにしましょう。

必ず計量と記載されているものを買ってください。

 

中学生・ママさんバレー用(4号球)

4号球は4000〜5000円程度

中学生とママさんバレーで使っているボールは同じ4号球のボールとなります。

ボールの大きさは62センチから64センチ 、直径が20センチ、重さが240から260gとなっています。

ママさんバレーと中学生が使っているボールは高校生や社会人が使っている5号球ボールよりも一回り小さいボールになっています。

よく高校生などがママさんバレーなどに来た時にオーバーパスをする時ボールがすっぽ抜けてしまうのは5号球ボールで慣れているためです。

 

高校、大学、一般用(5号球)

 

5号球は4000〜6000円程度

高校生と大学生と社会人が使うボールは全て5号球のボールになっています。

ボールの大きさは65センチから67センチ、直径が20センチ、重さが260から280g になっています。

中学から高校に進学すると最初はボールの重さや大きさに戸惑うと思います。

見た目はそこまで変わりませんが使った感覚はかなり違います。

ボールの重さや大きさはかなり感覚に影響してきます。

 

ミカサとモルテン

 

バレーボールのボールのメーカーは大きく分けて二つのメーカーが主流になっています。

公式戦で使われるのもこのミカサかモルテンの二つのメーカーのどちらかとなっています。

基本的には1年ごとに男女で使うボールが変わります。逆に言うと1年間はどちらかのボールで試合をすることになります。

今年は男子がミカサ、女子がモルテンといった感じで1年ごとに使うボールは交換されていきます。

これは基本的に試合で使うボールが1年ごとに定められているため変わることはないでしょう。

 

ミカサ(MIKASA)のボールの特徴

 

ミカサのボールは基本的にモルテンよりも軽いといった印象です.

触ってみるとわかると思いますが、皮というよりも合成繊維みたいな触り心地です。

デザインはとてもかっこいいのですが、ミカサ派よりもモルテン派が多い印象です。

個人的にはどちらもどちらなのですが、、、、

ミカサのボールの特徴としてサーブが変化しやすい
ボールが軽い
回転がかかりづらい

ということが挙げられます。

 

モルテン(molten)のボールの特徴

 

モルテンのボールはミカサのボールより重さがあるといった印象でしょう。

モルテンの方がミカサよりも好んで選ぶ人が多いといった印象です。

また重いということは変化が少なくそして回転がかかりやすいということです。

モルテンのボールは本当に皮が張ってあるという感じのボールです。
触った感触が柔らかくなっています。

【バレーボールシューズのおすすめ人気集】選び方からバレー部が徹底解説!!

2018.03.10

面白いバレーボールグッズ7選を紹介します!!

2018.04.15

検定球、練習球、公認球の違い

 

バレーボールには実は協会に定められた基準があります。

ボールの大きさや空気圧などです。
その基準をクリアしたものだけが検定球となっています。

ここではそんなボールの違いを説明していきたいと思います。

 

検定球

 

上で説明した通り、 基準を満たしているものを検定球としています。

かなり厳しい基準をクリアしているので試合で使うボールと遜色ないレベルのボールと言えるでしょう。

練習で使うボールは検定球が望ましいでしょう。
試合で使うボールとほぼ同じボールを使うことができます。

違うボールを使ってしまうと試合で違う違和感の感じるボールを使って試合することになります。

その小さな違和感は試合ではプレーに大きな影響を及ぼすので、あまり望ましくないと言えます。

ですから検定球が練習で使うにはおすすめです。

 

練習球

 

上記の審査で基準に満たなかったものを練習球としています。

練習球は決して粗悪品ではなく検定の基準に満たなかったというものです。
練習で使うには問題ないボールと言えるでしょう。

体育の授業で使うボールなどにはおそらく練習球が使われている可能性が高いです。

普段バレーボールをやっていなくてこれから始めていきたいという方にはおすすめのボールです。

外なので使う場合にはこっちの練習球のボールを使うといいでしょう。

 

公認球

 

公認球は日本バレーボール機構や国際バレーボール連盟などの主催の大会で使われるボールです。

基本的に公式の大会で使われるボールは公認球が使われています。

バレーボールに日本バレーボール機構や国際バレーボール連盟のマークが入っていればそれは公認球です。

しかし基本的に練習するボールは検定球で十分でしょう。

終わりに:バレーボールは色々

 

いかがでしたでしょうか?

バレーボールの種類ひとつとってもこれだけ種類があります。

これからバレーボールを始める人がこの記事を見てバレーボールを買うきっかけになれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)